埼玉県不動産コラム

いま、埼玉県で不動産の価格を調べる人が急増しています!
なぜなら、全国的に地価が値上がりしているからです!

 

一般社団法人不動産流通経営協会『不動産流通業に関する消費者動向調査』<第23回(2018年度)>によると、「プラスの売却差額発生世帯が前年から1.6ポイント増加(33.3%)」となっているようです。

 

プラスの売却差額発生世帯

 

つまり、3人に1人が買ったときよりも売ったときのほうがプラスになっているということです。
さらに、築5年以内の物件に関しては、1,000万円以上高く売却しているケースが全体の約2割もあるのです。
⇒ 不動産の資産価値を調べてみる

 

 

説明

「ひと昔前なら、1社1社に連絡して、査定をお願いしてもらっていました。いまは、インターネットから一括で複数の会社に査定依頼できるので便利になりました。」

 

実際に、不動産一括査定を使ってみると、最高査定額と最低査定額の差は、平均で635万円あるそうです。

 

もし、1社だけに査定をお願いして、それが最低査定額の会社だったら、635万円損したかもしれないということです。

相場を知れば

 

本当に恐ろしいことです。

 

だから、一括査定サイトは絶対に使って欲しいです。

 

ほとんどの不動産一括査定サイトは、一度で最大6社まで査定依頼することができます。

 

越谷市で不動産一括査定サイトを利用するなら、利用者の満足度が高い3サイトがおすすめです↓3サイトとも完全無料で利用できます。

 

イエウール HOME4U イエイ

イエウール

HOME4U

イエイ

提携不動産会社数
約1800社

提携不動産会社数
約1300社

提携不動産会社数
約1700社

利用者数
1000万人突破

利用者数
500万人突破

利用者数
400万人突破

利用者満足度
98.0%
公式サイトより

利用者満足度
97.5%
公式サイトより

利用者満足度
97.0%
公式サイトより

カチタス・ハウスドゥ登録あり

カチタス・ハウスドゥ登録あり

ハウスドゥ登録あり

最大6社まで査定依頼可

最大6社まで査定依頼可

最大6社まで査定依頼可

業界ナンバーワンの提携不動産会社数なので、ここのサイトを軸に利用していくのがおすすめ。

大手不動産会社の登録が多いので、都市部の物件ならここを押さえておくのがおすすめ。

マンションが得意な不動産会社が多く登録されているので、マンションの売却ならここを利用するのがおすすめ。

無料査定詳細はこちら

無料査定詳細はこちら

無料査定詳細はこちら

【保存版】

※複数サイトの利用可。多くの会社に依頼することで比較検討の精度が上がります。
※査定依頼をしたからといって、必ず売却する必要はありません。定期的に「資産価値」をチェックしておくことが大切です。

不動産一括査定サイト利用でよくある質問
査定に必要な情報・書類はありますか?
だいたいの物件情報とお客様のご連絡先がわかれば大丈夫です。
不動産会社とより詳しい話を進める段階になりましたら資料などの用意があるとスムーズです。
査定を依頼した会社と必ず契約しなければいけませんか?
いいえ。査定結果に納得した場合のみでOKです。
また、不動産の査定額や評価額だけを知りたいだけでもご利用いただけます。
家に訪問されたり、物件の立会いなどはしたくないのですが・・・
机上査定を利用できる不動産一括査定サイトも多数あります。
査定方法を選択する際に、「机上査定」を選択いただければ、訪問や立会いなしで不動産のおおまかな査定額を知ることができます。
近所や家族にバレずに査定できますか?
はい、可能です。
そのような要望に応える不動産一括査定サイトも多数あります。
不動産会社への要望欄で選択いただければ、近所や家族にバレずに査定することができます。
まだ物件に人が住んでいます。査定できますか?
居住中物件でも空き物件でも査定可能です。訪問査定が難しい場合は、机上査定も可能です。
住宅ローンの残債があっても売却はできますか?
はい、可能です。
売却額が残債額を上回るのか?下回るのか?持ち出しはいくらになるのか?
すべて不動産会社と相談することができます。
物件の所有者でなくても査定依頼できますか?
はい。家族や親族なら査定依頼することができます。
例: HOME4U の場合
物件名義人の家族・親族です
営業電話がしつこいと聞きましたが・・・?
ほとんどの不動産一括査定サイトでは、悪質な不動産会社を排除する仕組みになっています。
仮にしつこい営業電話がある場合でも、サイト運営会社に連絡すると対応してくれます。
安心してご利用ください。
本当に無料ですか?
はい。完全に無料です。料金など一切発生しません。

まずは不動産の査定をしてみませんか?

トップへ戻る